賃貸では敷金について理解しておく必要がある

もし賃貸を現在進行形で探しているのでしたら、貴方の探し方が間違っていないかを今一度考えてみてください。
一つの不動産屋だけの情報を頼りにしないで、インターネットでの情報収集も怠らないようにしましょう。 敷金は民法で決められているものであり、家賃滞納やその他修復費として使用されることがあります。
賃貸契約終了時に借り手が債務不履行が無ければ返金されるものであり、債務不履行があればその金額を頂戴することと決められています。

 

敷金と呼ばれているのは、物件の大家さんなどの管理者に支払う一時的なお金です。
もし家賃の未払いが発生したり、退去時の部屋の修復などに当てられることとなり、それを差し引いた敷金が返金されます。

 

賃貸物件の契約をする時には、不動産屋に敷金を支払いますが、これは不動産屋が最終的に受け取っているわけではありません。
当たり前のことですが、貴方が支払った敷金は、不動産屋から大家さんにしっかりと支払われていますのでご安心ください。



賃貸では敷金について理解しておく必要があるブログ:2017-5-04

文明が発達したおかげで、
ボクたち人間は、
どうしてもあさ食を食べざるをえなくなった。

そのために24時間3食になってしまい、
その結果、食事の量が増えて、
それが食事過剰になり、内臓は疲労しきって、
病気を発症してしまう…

人間の身体は元々は24時間1食であり、
文明が始まると共に24時間2食になった。

発達した文明を維持するために
24時間3食にすれば、
脳に栄養が送り届けられるが、
内臓が疲労しきってしまうのである。

母としては
お子さんがたくさん食べ物を食べてくれれば
健康に育ってくれると思ってしまいがちだが、
現実はそうではない。

24時間3食で大食いしていたら、
確実に病気になるし、バカになってしまう。

我が子を健康にしたいのなら、
24時間2食半に抑え、
24時間の内、1食だけ多目に出せばいい。

平日は夕食を多目に出し、
休日は12時食を多目に出せば、
お子さんは内臓を疲労することなく健康に育ち、
高い知能を発揮できるようになる。

母にしても
24時間3回も食事を作っていたら、
疲れ切ってしまう…

母自身が疲れ切っているために
料理がワンパターンになり、
挙句の果てはお惣菜を買ってきたり、
レトルト食品や冷凍食品やインスタント食品で
済ましてしまうようになる。

そのような食事をしていれば、
お子さんの健康に悪影響が出て来るのは必至。

それに24時間3食だと
食費だって高くつき、家計を圧迫してくる。

食費を多く出して
家族が健康になってくれれば、
その出費は有効であろうが、
出費が多いのに家庭内で病人が続出では
その出費は削減した方がいいのである。

家計が苦しいという前に、
24時間3食の食事パターンを改めるべきだと思う。



このページの先頭へ戻る