賃貸契約は一般的に二年間で更新

「自分の理想とする賃貸物件がなかなか見つからない」ということで悩んでいる人も多いかと思います。
それは賃貸の探し方が間違っており、ネットと不動産屋を併用してポイントを抑えながら探す必要があるのです。 賃貸物件の更新料は、多くの場合担当をした不動産が代行をして徴収をしますが、その代行料として更新料の半分が不動産屋へ支払われるのが一般的となっています。
このように賃貸更新料は不動産屋の定期的な収入として計算されたものとなるのです。

 

賃貸物件の契約は、基本的に二年となっており、この二年の契約料として初期費用がいくらかかかることがあります。
もしも契約期間である2年を過ぎて再度契約をする時には、一般的に家賃の一ヶ月分を支払うこととなります。

 

日本が定めている法律では、賃貸の契約料は明確に決められているワケではなく、物件のオーナーである大家さんや管理会社が決めることとなります。
更新料を不動産屋に支払うことが多いので、勘違いしてしまう人がいますが、基本的に全額大家さんに支払われているのです。

杉並区 賃貸
http://www.gulliver-nakano.jp/
杉並区 賃貸、今すぐアクセス



賃貸契約は一般的に二年間で更新ブログ:2017-5-20

おはようさんですー

洋食料理、中華料理に比べて、
和食は減量にいいって聞きますよね。

それは料理に使う油の量や、
調理方法が違うからなんです。

料理について少し気を遣うと
減量成功に近づきますよ。

だからといって、
「食べるな!」とはいいません。
ただ、減量を成功させるためには、
ある程度我慢するのも必要でしょう。

やっぱり揚げ物って、
数ある食品の中でも特に油を含む、
高カロリーな食品です。

どのくらい高カロリーなのかというと…

例えば、とんかつ。
このとんかつは1枚(100g)で
約450カロリーあります。

このとんかつを、
豚のソテーに変えたら、
1枚(100g)で約300カロリーほどしかありません!

このように、
同じ食材でも、調理方法を変えるだけで、
なんと約150カロリーも違いがでるのです。

…ということは、
毎日の食事の中で、
揚げ物を食べる回数を調節するだけでも
大きな減量効果が期待できると言えますよね。

こういった調理方法をしっかり覚えておけば、
「大好きなお肉も我慢しなきゃ・・・」
「ショートケーキみたいな甘いものは絶対駄目!」
なんて事も少なくなって、
減量生活にも少しは余裕が出てくるんじゃないでしょうか?

まずは
自分が7日間の食事のうち、
平均何食揚げ物を食べているかを把握して
徐々に減らすようにしてみてはいかがでしょう。

最終的には
揚げ物を食べるのは
7日間に1〜2回程度に抑えたいところですね。

まぁそこまでできなくても
揚げ物は高カロリーと意識するだけでも
減量中の食事の改善には役立つと思いますよ!

―地球滅亡まであと427日―

このページの先頭へ戻る