賃貸契約は一般的に二年間で更新

「自分の理想とする賃貸物件がなかなか見つからない」ということで悩んでいる人も多いかと思います。
それは賃貸の探し方が間違っており、ネットと不動産屋を併用してポイントを抑えながら探す必要があるのです。 賃貸物件の更新料は、多くの場合担当をした不動産が代行をして徴収をしますが、その代行料として更新料の半分が不動産屋へ支払われるのが一般的となっています。
このように賃貸更新料は不動産屋の定期的な収入として計算されたものとなるのです。

 

賃貸物件の契約は、基本的に二年となっており、この二年の契約料として初期費用がいくらかかかることがあります。
もしも契約期間である2年を過ぎて再度契約をする時には、一般的に家賃の一ヶ月分を支払うこととなります。

 

日本が定めている法律では、賃貸の契約料は明確に決められているワケではなく、物件のオーナーである大家さんや管理会社が決めることとなります。
更新料を不動産屋に支払うことが多いので、勘違いしてしまう人がいますが、基本的に全額大家さんに支払われているのです。

杉並区 賃貸
http://www.gulliver-nakano.jp/
杉並区 賃貸、今すぐアクセス



賃貸契約は一般的に二年間で更新ブログ:2017-6-03

大人と息子とでは
炭水化物に対する重要度に違いがある。

大人にとっては炭水化物は必要量だけでいいのだが、
息子にとってはその必要量に加えて、
脳や筋肉を作るために余計に取って行かねばならない。

だから
大人が食べる穀物の量と、
息子が食べる穀物の量は、決定的に違うのである。

息子の食べる事においては
穀物の割合を6割にすべきである。

それだけ大量に食べさせるからこそ、
成長のために充分な炭水化物を確保できるのであり、
順調に成長して行くことができる。

息子が摂取する穀物の多さこそ、
息子の脳の発達を促すことになるのだ。

母としては、
息子の栄養のことを考えて、
あれやこれやとおかずを作ってしまうものだが、
母が大量におかずを作ってしまうと、
息子は穀物をあまり食べなくなってしまう。

裕福な家はどうしてもおかずの量が増えるために、
穀物の消費量が減少してしまい、
それでバカな息子が育ってしまうのである。

息子には日本の伝統的な食べる事で充分。
ライスに味噌汁、それにメインとなるおかずが1品に
糠漬けで充分なのである。

休日にはおかずをもう少し増やして、
メリハリをつけても良いが、
いつも豪勢な食べる事を出していては、
息子はバカになるだけ…

息子というのは
とにかく動き回っているものだし、
人がいてもいなくても喋りまくっているもの。

それだけ体質も脳も使っているということであって、
大人よりも穀物を必要する割合は非常に多いのである。

大人は息子みたいに動かないし、喋りもしない。
だから穀物の消費量を抑えてもいいのだが、
息子はそうはいかないのである。


このページの先頭へ戻る