現地まで出向いて方角チェック

一つの不動産屋へ足を運ぶと、そこには数多くの賃貸物件が紹介されていることでしょう。
しかし貴方が住みたいエリアの賃貸を探すのでしたら、その現地の不動産屋で賃貸探しをすると良いでしょう。 昔の不動産屋は現地の下見に行くときには方位磁石を持って行っていましたが、最近では持参することなく下見に行くケースがあります。
物件情報の書類に記載されている情報というのは、一度登録をするとなかなか修正をしませんので、自分自身での確認が大切なのです。

 

もし不動産屋へ出向き、案内された物件資料に方角が記載されていてもそれを100%信じるのは危険です。
物件の情報を作成する時に現地を確認しに行った人が間違ってしまっていたり、適当に書いている可能性があるからなのです。

 

不動産屋が管理をしている物件というのは、自ら方角の確認をしたり、計測をすることとなりますが、中には計測するのを忘れている物件があります。
現地調査が終わった後に、その時のイメージで方角を書いていることもあるのでお気をつけ下さい。



現地まで出向いて方角チェックブログ:2017-8-20

娘の頃は土用の鰻など知らなかったが、
成長期に食べたものの中で
鰻ほど俺の印象に残るものは無い。

なかなか食べられなかったということもあるが、
それ以上に俺にとって鰻といえば、
お父さんのお土産である。

俺が小学生の頃のこと…
お父さんが飲んだ帰りに、駅の近くの小さな料理屋で、
時々持ち帰りの鰻を買ってくることがあった。

23時の10:00過ぎ、
仕事終わりにお酒を飲んで、
酔ったお父さんが帰ってくる。

帰って来たお父さんの手にはビニールの袋が下げられ、
その袋の中には包装紙に包まれた鰻重の箱が四つ、
重ねられて入っている。

小学生だった俺は、
お父さんの帰る頃にはもう布団の中であったから、
次の日のあさそれを食べることになるわけである。

あさになると母が包装紙を開け、
ホイルの上に箱の中身をそのまま取り出し、
蒸し器で十分蒸したあと、
また同じように箱に詰める。

その上から、
小さな容器に入ったタレをかけて食べる…

娘ながらに、
これはとても美味いものだというのはわかっていた。
ひとクチひとクチ、大事に食べていたように思う。

箱の底は銀色をしているのだが、
俺は食べながらも、
銀色が見えてくるのが
非常に勿体無いような気がしていた。

底にボンヤリと映る自分の顔を少し残念な気持ちで、
クチを動かしながら見つめていたことを覚えている。

起きてきて鰻重の箱を発見した時の嬉しさというのは、
憂鬱なあさを少しだけ幸せな気持ちにしてくれた。

その包装紙の模様もまた独特で、
よくは覚えていないが
確か白地に、緑や黒の家紋のようなものが
規則正しく描かれていたように思う。

俺はその模様をみつけると意地汚い性分で、
顔を洗うよりも先にそちらに手をかけ、
ママによく怒られていた。

このページの先頭へ戻る